• HOME>
  • お知らせ

お知らせinformation

ソルシアス佐倉デイリハの「そば」に。

更新日:2018/06/27

こんにちは。

紫陽花の花が映える季節となりました。

「私たちは、ゼロからそばを作りたい」
ご要望に対し、佐倉市内に店を構える そば屋の主人を招き、
その思いをカタチに、活気満載のそば打ち体験を実施いたしました。

理学療法士の並木による、そばにまつわる小話からスタート。※1

【朝とろ・夕そば】
かつての信州において、朝はとろろ汁をすすり、
夕食には蕎麦を食べることがご馳走とされていたそう。

【うどん一尺 蕎麦八寸】
手打ちの原則で、一番食べやすいとされている長さを表した言葉。

【うどん蕎麦より かかあのそば】
女房のそばにいるのが、一番気楽で良いなという表現。

参加されたお客さまも
「へぇ~、今日は朝から勉強になるな」と熱心に耳を傾けられていました。

いよいよ蕎麦打ちが始まります。

北海道幌加内(ほろかない)の粉を使い、

①5本の指を、5本の箸に見立てて蕎麦粉をかき混ぜます。
②陶芸の菊練りのように生地をまとめます。
③麺棒で生地を伸ばし、四角く折り畳み蕎麦包丁を使い均等に切ります。

本日のランチ、特製二八蕎麦の完成です!!
「食べに行くより美味しいわ~」
「みなさんの愛情がたっぷりだから、より美味しいですね」

揚げたて「サクサク」の天ぷらそば、
とっても美味しかったですね。

※1 蕎麦のうんちく雑学参照
   URL:http://www5e.biglobe.ne.jp/~maruhana/28soba/soba1.html

前の記事

最新

次の記事